forever and ever...

『きっと,もっと,ずっと,あなたのことが好き。』を合言葉に、関西男前八人衆を全力で応援しているブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8周年の結論

こんばんはー、しおでございます。
Twitterで日々やり取りさせていただいている人も、ブログだけをご覧になっている人も様々とは思いますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
いよいよ年末ですよーーー紅白おめでとう!うれしい!!

さてさて。
年末ということはすなわち、関ジャニ∞の8周年も終わりに近づいているということであります(たぶん)(え、年末まででいいんですよね?8周年)
パパドル、8祭、すごはち、スタジアム、アリーナ、そしてドーム。
2012年も、さまざまなところで彼らと出会い、彼の姿を目に焼き付けて参りました。

その総決算を、今日、つけたいと思います。

8人。7人。錦戸亮、そして内博貴という存在。
そのすべてに決着をつける決心が、ようやくできました。

つたない言葉ではありますが、決意表明といいますか、声明文といいますか…(私は何者…笑)
自分なりの言葉で、まとめたいと思います。



2012年11月10日。
初めて、彼の口から「8人」という言葉を聞きました。
始めは何のことか分からなくて、でもすぐに分かって。

彼が言ったということ。
それが目の前で発せられたこと。
ついに…ついにこんな日が来たこと。

それにただただ涙が溢れて、周りの目も気にせず、声をあげて泣きました。


2012年11月11日。
前日も参加していた人なら皆、少し緊張してその時を迎えたのではないでしょうか。
そんな中彼は、何も躊躇することなく、ドームに響き渡る声で『7人』と、そう言いました。


その時、私は思ったのです。
「もう、離してあげなきゃ。」と。



今年は8祭に始まり、本当にたくさんの場面で「8人」について突きつけられることが多くて。
うまく言葉にできない内は、何も語るまいと口を閉ざしていたものの、どれだけ時が経っても、気持ちがクリアになることはなく。

彼らがあの出来事をうまく消化して、予想していたよりも早い時期に、既に自分たちの中で折り合いをつけていたこと。
致し方ないとは言え、錦戸亮という人が誰一人寄せ付けず、また彼らも寄り添うことができなかったこと。
今はもう完全に、「8人」ではなく、「7人」であると思っていること。

分かっていても認めたくなかったことを、一気に提示されて、苦しくなって。
ただただ、「8人」という言葉に寄りかかって、過去を賛美し、現実から目を逸らしていました。


『錦戸亮は、「8人」という形に、誰よりもこだわって、すがって、その可能性を信じ、願っていた。』
私はそう信じています。
『「8人」という形があるから、内博貴という存在があるから、自分はそこに存在できる。』
だからこそ、あらゆるメディアが、内博貴を始めからそこにいなかったかのように消しさっていく中で、「ウち頑バ老な俺ラハマっ輝殻」と、目に見える形で、みんなに届く形で、叫んだんだと、私は信じています。

そう信じて歩み続け、迎えた8周年。
そこで、繰り返される「7人」という言葉。「8人目の関ジャニ∞」。
これまで曖昧にしてきた部分を、はっきりと、逃げずに、直球でぶつけてきた錦戸亮。
そんな彼の変化を目撃することができた。その変化に立ち会うことができた。
それで満足しようとして、でもどこか腑に落ちなくて、でもその先も見てみたくて。
結局私は、彼の直球を「わー、すごい」と目で追って、目の前を通り過ぎてから慌てて拾いに走っていました。
彼の剛速球を、間近で目撃できたことで、満足しようとして、でもまだ見ぬ何かを期待して、また彼にボールを渡していました。

ついにその彼が、「8人」と言った。
たとえ言い間違いだとしても、「8人」と言葉にして、「あぁ…やってしまったな…」と、苦笑いする。
その程度には、彼の中にまだ「8人」は息づいている。
なかったことになんか出来るわけがない。
そんな心配は、まったくの無意味。
「8人」の存在を、やっと、やっと、今の彼の中に見ることができた。

その発見を経て、迎えた翌日の『7人』は、これまでの「7人」とは、全く異なるものでした。
これまではどこから飛んできているか分からない剛速球に怯え、身構えていました。
けれど、「8人」を経た『7人』という言葉には、完全に彼が「8人」から飛び立ったこと、もう戻るつもりがないことを突きつける、そんな力がありました。


だから、「もう、離してあげなきゃ。」と、そう思いました。



「8人」から、
過去から、
己の願いから、
彼らを離して、まっすぐに、ありのままを直視することにしました。


これは「8人」の否定ではありません。
「8人」との別れでもありません。
「8人」を諦めるということでもありません。
例えるならば、「8人」を大切な宝箱に詰め込んで、今目の前にある新しい『7人』をそっと見守る。
そしていつか、『7人』と『1人』で、また笑い合うことができるその日を、じっと…じっと待ちわびる。
そんな気持ちです。



今回こうして気持ちをまとめるに当たって、色んな資料に目を通したのですが、その中で意外だったことがあります。
「8人」について考える時、いつも私の耳に流れていたのは『7人』の声だったということ。


振り返らず今は歩いていけるような
そんな気がするから
思い出のかけら 拾い集め
心の中で抱きしめる

ゆっくり歩いていけばいい
確実に先へと進めばいい
傷ついたって 見失ったって 引き裂かれるくらい悲しんだって
僕ら僕らのまま 強くなればいい

君はいつだって一人じゃないのさ
頑張ってる姿 ずっと見てるから
走って行けよ


『今、ここにいます。』



今日ここに、私は『7人』を受け入れます。



仕事にシビアな錦戸亮という人が、あんな言い間違いをしてしまうなんて、一体どうゆうことなのか、と不安視する声もあるでしょう。
実際、私も、自分の中で折り合いをつけることには成功したものの、ここ最近の彼が少し気がかりではあります。
彼に限らず、関ジャニ∞というアイドルに対して、とも言えますが…

内博貴を失って迎えた『1リットルの涙』。
「オレはこの仕事を死ぬ気でやらなあかん」
そう思っていたから、彼はあんなにもかっこよかった。
それだけ必死だったから、私はあんなにも彼に引きつけられた。

「振り返った時に恥ずかしいと思わない自分であるためには、その時々にカッコいいと思うことを一生懸命やれてれば、それが一番やと思う。」
今、本当に…本当に「カッコいい」と思うことを一生懸命できていますか?
彼が彼らの中で見せる笑顔は、本当に私を安心させるのですが、ここ最近は少し…油断していると言いますか、「大丈夫かお前?!!」と言いたくなる時が多いのも正直なところではあります。
ここらで誰か偉い人が、彼を谷底に突き落としてくれないかな~と、期待するばかりです、獅子の子みたいに(笑)


こうして決意表明をしたことで、何が変わるのかと言われると、正直何も私は変わらないと思います。
錦戸亮という人間にとって、内博貴という存在が欠かせなかったこと、唯一無二の存在であったことを、私は今も、これからも信じ続けます。

ただ、私の中で、これからの関ジャニ∞は『7人』です。

この決意は、こうして言葉にして、誰かにお知らせしないと自分の中で区切りがつけられないくらいには、大きなものだったので、今回このような形をとらせていただきました。


東京ドーム公演が終わってから、何度も何度も書き直したこの日記。
結局伝えたいことの半分も伝えきれていないように感じるけれど、ひとまずの区切りとして、記しておきたいと思います。


9年前の今日。
初めて彼に出会って、私の人生は本当に、冗談抜きで変わってしまったと思っています。
絶対に出会えなかった人、経験できなかったこと、たくさんのモノをもらいました。
錦戸亮という人を「好き」かと聞かれると、少し考えてしまうところがあるのですが、少なくとも、これからもずっとずっと見続けていきたい、そんな人であることには間違いありません。

この日記を通して、その節目の日に、また新しい節目を重ねることとしたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

カレンダー。

<09 | 2017/10 | 11>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

しおのこと。

しお

Author:しお
平成元年eighter/2003年~/eighterブロガーKIXさんを応援するコミュ『KIXerコミュ。』を管理中
Twitter↓
@shio_y8
メッセ用アドレス↓
shiorix8∞hotmail.co.jp
【∞⇒@】に変換して下さい

[ハイク][詳細][メール]

訪問者様。

月別アーカイブ。

  • 2012年12月 (1)
  • 2012年08月 (2)
  • 2012年07月 (1)
  • 2012年03月 (2)
  • 2012年02月 (3)
  • 2012年01月 (1)
  • 2011年12月 (1)
  • 2011年11月 (1)
  • 2011年10月 (3)
  • 2011年09月 (2)
  • 2011年08月 (2)
  • 2011年07月 (1)
  • 2011年06月 (2)
  • 2011年05月 (1)
  • 2011年04月 (2)
  • 2011年03月 (3)
  • 2011年02月 (2)
  • 2011年01月 (7)
  • 2010年12月 (9)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (15)
  • 2009年06月 (7)
  • 2009年05月 (3)
  • 2009年04月 (7)
  • 2009年03月 (18)
  • 2009年02月 (15)
  • 2009年01月 (27)
  • 2008年12月 (24)
  • 2008年11月 (15)
  • 2008年10月 (13)
  • 2008年09月 (3)
  • 2008年08月 (2)
  • 2008年07月 (5)
  • 2008年06月 (6)
  • 2008年05月 (14)
  • 2008年04月 (19)
  • 2008年03月 (41)
  • 2008年02月 (53)
  • 2008年01月 (43)
  • 2007年12月 (34)
  • 2007年11月 (39)
  • 2007年10月 (21)
  • 2007年09月 (27)
  • 2007年08月 (22)
  • 2007年07月 (6)
  • 2007年04月 (1)
  • 2007年01月 (4)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年11月 (12)
  • 2006年10月 (10)
  • 1989年08月 (1)
  • カテゴリー。

  • 詩織。 (2)
  • 日常。 (155)
  • 関ジャニ∞。 (132)
  • 行動記。 (59)
  • お祝い。 (18)
  • From 携帯。 (145)
  • 他ジャニ。 (8)
  • バトン。 (12)
  • 映画感想。 (8)
  • QP。 (18)
  • 心理テスト。 (6)
  • 読書感想。 (1)
  • 最近記事。

  • 8周年の結論 (12/16)
  • ありがとう (08/25)
  • すごはち。 (08/01)
  • 今更ながら、「パパドル」 (07/11)
  • 2/23 If or Ⅳ(ネタバレ含む私的MCまとめ) (03/10)
  • コメント。

    はじめに。

    ご訪問ありがとうございます。
    当ブログは
    ○ブログリスト追加フリー
    ○リンク not フリー
    となっております。
    最低限の礼儀、ネチケットのない方とのお付き合いはご遠慮させていただいておりますので、あしからず。
    ギャル文字や過剰な小文字も読めません。
    その様なコメントは読む前に削除ボタン行きとさせていただきます。
    また、管理人が不適切と判断したコメント等は、事前告知なしに削除いたします。
    マナーを守って素敵なお友達の輪を広げていきましょうv

    CLAP。

    誕生日。

    すぅくん
    ひよき
    りょん
    まるり
    やす
    たつ
    ひな
    よこちょ

    友達の輪。

  • ジャニーズブログランキング

  • カンパチ@Wiki
  • eight people
  • FC2 Blog Ranking
  • 素敵サイト様。

  • 歌海ちゃん

  • 【東大阪姉妹】まほちゃん

  • よ~こさん

  • しほちゃん

  • KIXさん

  • リンク。

  • 周防宅。
  • 管理者ページ
  • RSS

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。